競馬ネタ

【2021年度JRA賞決定】年度代表馬は当然大差で“アノ馬”に!?

2021年度JRA賞決定

今年もこの時期がやってまいりました!

昨年2021年の中央競馬開催か各部門にて“最も優秀であった馬”に贈られる【JRA賞】が決定した事を受け、各部門で選出された競走馬を独自観点でコメントしたいと思います!!

【2021年 年度代表馬】エフフォーリア(牡3)

血統父 エピファネイア  母 ケイティーズハート(母父 ハーツクライ)
馬主有限会社 キャロットファーム
調教師鹿戸 雄一(東)
生産者ノーザンファーム
2021年GI勝ち鞍皐月賞  天皇賞(秋) 有馬記念

合計票数は277票。2位のラヴスオンリーユーが18票である事を考えても“断トツ”文句なしの結果でしょうね。

3歳馬が天皇賞(秋)を制すのは2002年のシンボリクリスエス以来。昨年の天皇賞(秋)の出走馬の中には一昨年の三冠馬コントレイル最強牝馬の呼声高いグランアレグリアと、レベル的には2002年開催以上という状況で勝利。更に続く有馬記念では“グランプリ女王”のクロノジェネシスも負かすという快進撃ぶりは衝撃でした。

同じく【最優秀3歳牡馬】でもエフフォーリアが受賞。コチラは満票での受賞です。

【最優秀3歳牝馬】ソダシ(牝3)

血統父 クロフネ  母 ブチコ(母父 キングカメハメハ)
馬主金子真人ホールディングス
調教師須貝 尚介(西)
生産者ノーザンファーム
2021年GI勝ち鞍桜花賞

ちょっとココからは【不可解な受賞】という形で紹介したいと思いますが、まずは【最優秀3歳牝馬】に選出されたソダシですね。

白毛馬として史上初の『芝重賞競走勝利』『GI勝利』『クラシック初出走』『クラシック初勝利』と数々の偉業を打ち立て、人気も非常に高い競走馬ではありますけど、2021年の勝鞍は【桜花賞(GI)】と【札幌記念(GI)】のみ… オークス(GI)では8着。秋華賞(GI)も10着と大敗し、ダート転向初戦の【チャンピオンズC(GI)】も12着。

“最優秀”という冠が付けられる事はちょっと腑に落ちない感じですし、実際の投票でもソダシ234票に対し、秋華賞を制したアカイトリノムスメは56票。差は約3.5倍ほどありますが、「ソダシ以外だとアカイトリノムスメ」というニュアンスが強く感じられ、そういった状況であれば“該当馬なし”に投票してほしかったですね。

そのアカイトリノムスメですが、桜花賞は4着、オークス2着、秋華賞1着と3歳牝馬路線では掲示板を外してない安定感があり、来年この両馬の激突で白黒つけてくれる事を期待しています。

【最優秀ダートホース】テイオーケインズ(牡4)

血統父 シスターミニスター 母 マキシムカフェ(母父 マンハッタンカフェ)
馬主小笹 公也
調教師高柳 大輔(西)
生産者ヤナガワ牧場
2021年GI勝ち鞍チャンピオンズC  JBCクラシック(地方)  帝王賞(地方)

そして最も『物言い』を付けたいのが【最優秀ダートホース】ですね。

決してテイオーケインズの戦績をどうこう言うワケではないのですが、それ以上に凄い実績を作った『マルシュロレーヌ』が居るにも関わらず、この結果はちょっと…

では『マルシュロレーヌ』の何が凄いのか。それはアメリカ競馬の祭典でもあり、アメリカ競馬のダート牝馬最強女王決定戦であるBCディスタフ(GI)を日本馬で初勝利という前代未聞の偉業を達成。またその出走メンバーも米GI4賞の【レトルースカ】やGI3勝の【マラサート】を負かしての勝利。更にはペースも800m通過が44秒9という芝並のハイペースの中で大金星を挙げたのは十分【最優秀ダートホース】に値するでしょう。

ですが結果はテイオーケインズが240票、マルシュロレーヌは47票…この差は一体何なのでしょうかね??最終的にはオマケ的な『特別賞』も贈られないとは…

この理由を受賞馬選考委員会は『ライトなファンへの認知度が低い』『歴代受賞のダートホースと比較しても少々劣る』と斜め上の言い訳を展開。1999年のJRA賞では、該当年国内競走において1走もせず、フランスのレースに出走し凱旋門賞2着となったエルコンドルパサーが年度代表馬となり元調教師の【白井寿昭氏】が“納得いかない”と激怒したのは有名な話し。

過去では海外の競走実績を重視し、今回は一転軽視。レースこそ違えどエルコンドルパサーの時とは違いマルシュロレーヌはBCディスタフを勝利したという快挙で特別賞もなしはちょっとJRA側の一貫性に欠けますね。そのお陰もあってか、JRA賞発表後『マルシュロレーヌ』は即トレンド入り。一時はトレンド2位になるほど話題に(笑)。

その『マルシュロレーヌ』。次走はサウジアラビアで行われる【サウジカップ(ダ1800m)】に向け調整中。国内でその走りを見られるのはまだまだ先になりそうですが、来年は文句なしで【最優秀ダートホース】を襲名してほしいですね!

血統父 オルフェーヴル 母 ヴィートマルシェ(母父 フレンチデピュティ)
馬主有限会社 キャロットファーム
調教師矢作 芳人(西)
生産者ノーザンファーム
2021年GI勝ち鞍BCディスタフ