今週末開競馬催情報

【2022年 京成杯(GⅢ)無印推奨】ここで勝って“クラシック堂々進出”は現実的!!

今週末1月16日(日)中京競馬場にて行われるのは3歳限定の重賞競走【京成杯(GⅢ)芝2000m】。

クラシック初戦となる【皐月賞(GI)】と同舞台で行われる重賞競走というだけに、本番を見据えて『クラシックに進むか路線変更を行うか』を決める重要なレースに加え、関西馬であれば『関東圏への輸送』を経験させる事も兼ねた意味が含まれるんですよね。

その皐月賞までも十分期間が空くという観点からも、ここでメイチで勝負を賭けてくる陣営が居ても不思議ではないですので、そういった“裏側”の事情も踏まえて“無印競馬推奨馬1頭”を公開させて頂きます!!

【京成杯(GⅢ)菊夫の注目馬】ヴェールランス(牡3)

血統父 キタサンブラック  母 ジュエラー(母父 ヴィウトワールピサ)
厩舎藤岡 健一(西)
馬主有限会社 社台RH
戦績2戦1勝 (前走エリカ賞2着)

陣営が徹底的に2000m以上のレースに拘ってレースを選んでいるみたいですし、2月には同じ2000mの3歳限定の重賞競走【きさらぎ賞(GⅢ)】が地元関西で行われるにも関わらず、あえてこの皐月賞同舞台となる『中山芝2000m』を選んだ意気込みは買いたい。

前走のエリカ賞(1勝クラス)ではサトノヘリオスに破れはしましたけど、馬場の悪いインを走り、馬がやめる事なく最後まで必死に走っての2着なら“むしろ評価上げ”でしょう。

決して速い上がりを出せる存在じゃないですので、エリカ賞の様に早め先頭から押し切る競馬が出来れば上位に食い込む可能性はかなりあると思いますし、人気も多少下落の想定なら、この京成杯(GⅢ)が非常に“買い時”かもしれませんね!!

【京成杯(GⅢ)】1番人気想定“アライバル”の評価は?

血統父 ハービンジャー 母 クルミナル(母父 ディープインパクト)
調教師栗田 徹(東)
馬主有限会社 キャロットファーム
戦績2戦1勝    前走 新潟2歳S(GⅢ)2着

想定の1番人気は前走昨年の【新潟2歳ステークス(GⅢ)】でセリフォスに次ぐ2着入線を果たした【アライバル】でしょうね。

これは毎年の事なんですけど、明け3歳で2歳時の勢力図が一気に変わる事なんてザラにありますし、2歳重賞で好走したから3歳になっても強いという先入観は危険…特にこの【新潟2歳S】の好走馬には曲者が多くて、結果好走して後の大舞台にコマを進めても実力不足でクラシックの頃には忘れられるケースが多いんです。(ハープスター以外)

ハービンジャー産駒で中山の芝2000m。条件的には文句なしの舞台なんですけど、新潟2歳Sの『ヨーイドン』の上がり32秒台決着で評価するのは危険な匂いしかしません(笑)

鞍上はルメール騎手ですか…今年に入ってまだエンジンがかかっていない印象がありますし、アライバルもエンジンがかかるのが遅いタイプなので、小回りの中山は向かないのではないですかね?

この京成杯で賞金加算を行い、皐月賞へ早々名乗りを上げるのはどの馬なのか。かなり注目ですね!!